トップページ

日々の緊急時の助けとなる薬を服用する上では、薬の効き目には個人差があり、合う体質、合わない体質がある事を知る事が重要です。このサイトでは、様々な薬の服用レポートと、正しい薬の服用法に関する役立つ情報をお届けしています。

正しい薬の飲み方

薬がネットで販売されるようになり、薬の飲み方や管理方法など個人に任される部分が以前にも増して大きくなってきました。
しかしその管理法や飲み方などを、きちんと読み把握して使用している方は少ないのではないでしょうか。
薬は病気など苦痛を感じている時に飲むものです。
その為、全ての方が正しい知識を持ち、薬と正しい付き合い方をする事が大切です。
薬を飲む際一番気をつけなくてはいけないのがその量です。
病院で処方してもらった薬は、きちんと量を守って飲んでいる方が多いかと思いますが、薬局などで売られている薬でも量をきちんと守る事が大切です。

お薦めサイト

  • 育毛日記では、フィナステリドやミノキシジルといった最新の育毛には欠かせない成分の紹介や解説をしています。
    育毛日記はこちらからどうぞ!
  • 取り付け後、業界最長クラス3年保証のエアコン取り付け会社です
    エアコン取り付け.biz

薬を服用するタイミングについて

また、その薬を飲むタイミングも大切です。
食前・食後など薬を飲む時間を守る事で、その薬の効果を最大限に引き出し、あなたの体への負担を軽減させます。
特に食後に飲む事が指定されている薬は、胃を荒れさせる場合があるため、食後でも多めの水で飲むのがおススメです。
大体食前は食事の30分前くらいで、お腹が空っぽの状態を指します。食後は食事後30分以内の胃が膨らんだ状態を指します。
また食間という飲み方もあります。これは食事と食事の間の事で、次の食事まで1時間程度時間がある時に飲む飲み方です。
その他に寝る前という飲み方があります。これは就寝前に飲む就寝中に効く薬で、お風呂などを済ませてから飲む事で効果を発揮します。

薬を飲む際の飲み物ですが、水かぬるま湯で飲む事が大切です。
お酒はもちろん、ジュースや牛乳は飲む薬によって副作用がでたり効果が半減する恐れがあります。
また、コーヒーやお茶などでもカフェインが作用してしまう場合があります。

薬の正しい飲み方と銘打ってここまで説明してきましたが、薬の効果を最大限に発揮するためにも、説明書はとても大切です。
病院で処方された薬の場合、わからない事は薬局に電話をして必ず確認をとりましょう。
薬局などで薬を購入した場合は、あらかじめ説明書を読んでおく事で、急な体調不良にも対処が可能です。
あなたの体を健康に保つためにも、必ず用法用量は守りましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ